very precious to me

日々の生活で気に入ったもの、かけがえのないものを、ちょこちょこと。

2013.02.18 母の誕生日

 

母の誕生日に、花束を送りました。

 

地元の花屋さん"辰花"さんにお願いしたら、とっても情熱的な花束が届いて、母は大喜び!

「おめでとう!」を伝えるのに電話をしたら、キャーキャー騒いでいました。

 

「『ダイハード5』を観にいって帰ってきたら玄関にあってびっくりしたよー。見たことのないバラがあってこれまたびっくりしたー」とのこと。

 

ここ数年毎年花束をプレゼントしているのですが、毎度初めてだったように喜んでくれます。

よかったよかった。

2012.07.02 山下公園までサイクリング

腰痛がだいぶ治まったので、久しぶりに自転車にのりました。

気分爽快!こんどはどこに行こうかな。

バラ園
バラ園
花霞
花霞
帰り道ー横浜開港資料館旧館(イギリス領事館)
帰り道ー横浜開港資料館旧館(イギリス領事館)

2012.06.26 アメリカンブルー

先日オットの実家の玄関先で咲いていた青い花。

母に尋ねてみたら「アメリカンブルーよ」と教えてくれて、分けてくれました。

今日は約1週間ぶりの晴天。

太陽光のおかげで、花の青が少し濃くなったようです。

2012.06.21 長谷寺の紫陽花

オットの両親と一緒に、鎌倉の長谷寺にいってきました。

「長谷寺は紫陽花で有名なのよ」と聞いていたので、ぜひ紫陽花の季節に行ってみたかったのです。

 

オットの父から一眼レフカメラを譲ってもらって間もなく1年。

オートフォーカスでバシバシ撮って練習を積み重ね、今ではマクロで接写ができるまでになりました。

今回は、師匠である父から「SV機能を使って焦点を絞って周りをぼかし、奥行きを出した写真を撮影する」のを教わりました。

石灯籠のまわりを紫陽花が囲んでいるのが、何だか大切なものを守っているような気がして、優しさを分けてもらった気持ちになりました。

 

ガクアジサイはほとんど終わりかけで、この日はセイヨウアジアイが満開でした。満開といいますか、群生していました。途中、きっとサクラかな、幹から新芽がでているのを見つけました。色とりどりの花もいいですが、私は何だか命が芽吹いた新芽や緑が好きです。

この日はあいにく小雨が降り始めてしまい、1時間程度で引き上げました。

 

そして、帰りにお昼をご馳走になり、オットの実家で再び花見。

家の庭先にも立派な紫陽花が咲いていました。

ピンク色の隅田の花火がとても可愛らしい。

小指の第1関節の大きさがあるかどうかのミニバラ。雨粒きらめく大輪のバラ。

そして、広島の父が好きな朝顔もありました。「今日咲いた朝顔と明日咲くかもしれない朝顔のつぼみね」とはオットの母。女同士あーだーこーだーおしゃべりしながら、梅雨空の下、花を愛でる。

楽しい1日でした。

おまけ:ゴロ。おじいちゃん犬。
おまけ:ゴロ。おじいちゃん犬。

2012.05.04 日本タンポポ

 

 

田舎でタンポポを見つけたら、親戚の小学3年生の子から日本タンポポと教わりました。

最近は外来種(西洋タンポポ)が多くて、日本タンポポは珍しいみたい。

 

2012.04.30 芝生のうえでヨガ

今日は神奈川県立保土ヶ谷公園のサッカー場の芝生の上でヨガをしました。

青空の下、芝生の上でヨガをしようというイベントでしたが、残念ながら曇り。

とはいえ、ヨガマットをしいているとはいえ、地面の上でのヨガは気持ちよかった。

 

終了後、公園付近をゆっくり歩きました。

新緑の季節は気持ちがいい。春と夏の間の爽やかな季節。心が晴れ晴れします。

2012.04.18 稲村ヶ崎

ヨガ教室を終えて、江ノ電の稲村ヶ崎駅に向かって歩きました。

波打ち際で、犬を散歩する家族連れ。

光のシャワーを浴びる江ノ島。

深呼吸して横浜に戻りました。

2012.04.04 川沿いを散歩

さくらの季節になりました。

昨日は春の嵐で、傘の骨が折れて飛んでしまうほどの強風が吹きました。

大雨で道路も水浸し。

 

今日の夕方、郵便を出すついでに、カメラを持って散歩をしました。

トラックが倒れるような風が長い間吹いたのに、普段通りに咲いている。つぼみも残っている。

見上げたり、後ろを振り向いたり、しゃがんだりしながら、大岡川沿いをのんびり歩きました。

横浜での初めての、春。

都橋にて
都橋にて
青空に咲く白い花
青空に咲く白い花
ゆきやなぎ
ゆきやなぎ
いまは、まだ、つぼみ
いまは、まだ、つぼみ
Look me !
Look me !
向こう岸
向こう岸
GOODDAYS
GOODDAYS
ランドマークタワー
ランドマークタワー
なんていうお名前?
なんていうお名前?
みとれる
みとれる
モクレン
モクレン
関内駅前
関内駅前

2012.02.19 野毛山動物園

動物園にオットとともに行ってきました。

午後3時頃からカメラを持って、てくてく散歩。

あまり乗り気ではなかった私ですが、現地ではハイテンションになりました。

久しぶりに仲間に会ったからでしょうか(笑)

2012.02.11 待ち遠しい

12月に、チューリップの球根を植えました。寒さを乗り越えて、花が咲きますように。

 

2012.02.10 ベランダから

2012.02.09 いつも違う

よく行く商店街から一歩入った路地にある古書店の店先。今日は政治経済の専門書が多かったような。
よく行く商店街から一歩入った路地にある古書店の店先。今日は政治経済の専門書が多かったような。

2012.02.08 ティンシャ(Tingshaws)

ヨガのレッスンのときに使うティンシャ。チベットのシンバルです。

ただし、先生のティンシャは、先生のお師匠さんに北インドで買ってきてもらったものだそう。

ティンシャの響き、これがまた細く柔らかい音がしていいんです。

2011.12.10 HAKUSAN JAPAN

紅茶も煎茶もおいしく淹れられます
紅茶も煎茶もおいしく淹れられます

白い急須を買いました。長崎は白山陶器の焼き物です。

決めては何と言ってもシンプルで使いやすく、重くなく、持ちやすい。

毎日使う食器だから、飽きのこない色とデザインは重要ですね。

 

2011.12.05 この先はまだ

横浜・野毛の都橋商店街の入り口。映画やドラマの撮影もあったとか。
横浜・野毛の都橋商店街の入り口。映画やドラマの撮影もあったとか。

2011.11.14 地平線と自転車

みーつけた@東急ハンズ横浜店
みーつけた@東急ハンズ横浜店

友達に手紙を書こうと便箋を探していたらセットを見つけました。

シンプルでいいですよね。

http://www.midori-japan.co.jp/products/2011_09/

2011.10.01 紅茶パン

ふんわり紅茶の香りが漂ってきます
ふんわり紅茶の香りが漂ってきます

広島の母にもらったホームベーカリーで、紅茶パンを焼きました。

材料は小麦粉、バター、ドライイースト、砂糖、塩、スキムミルクなどスーパーにあるものばかり。

軽くトーストして、オリーブオイルを小さじ1/2程度かけて食べると、ほっぺたが落ちそうなほど美味しい。

 

ただ、わが家のホームベーカリーは、リビングやキッチンだとべっこんべっこんと音が響き、床に振動が伝わって、階下にも迷惑がかかるのではないかと思い、洗面所に持っていき防音シートをひいて焼いてます。これはちょっとせつない話。(わが家のホームベーカリーは4−5年前の商品。最新の製品では改良されているかもしれませんね)

焼き上がったときに洗面所にパンのいい香りがして、ほんのり幸せな気分に浸りつつ、何か違う・・・と毎回思いますが、気にしないようにしています。

2011.09.27 自転車に乗って

BD-1 Comfort Silver
BD-1 Comfort Silver

1ヵ月半悩んで、試乗して、店員さんや自転車の先輩に相談して、お財布と悩んで、折り合いを付けて、ようやっと自転車を買いました。

 

かっこいいでしょ!

 

マンションの駐輪場には置かず、折りたたんで、エレベータにのっけて、家の下駄箱に入れてます。

11キロだから、女性でも片手でひょいっと持てます。

慣れるまでは持ち方に始まり、たたみ方に至っては頭がこんがらがりますが、これもトレーニング。

「いずれ10秒でできるようになりますよ」という店員さんの言葉を信じます!

 

さて、今日は「自宅〜横浜駅西口付近〜象の鼻パーク〜中華街〜自宅」と初めてにしてはちょっと長めのサイクリングを楽しんできました。

 

自転車に乗るようになると、服にはじまり生活スタイルがちょっと変わってくるような気がします。

だって、まずこの自転車だとスカートよりもジーンズのほうが格好良いと思いません?

 

車とは違った景色や街の様子が楽しめて、なかなかいいのです。自転車生活。憧れてました。

裏道を通ると、電車では知らなかった行列のラーメン屋さんを発見したり、味のある古めかしい建物を見つけて立ち止まったり。車とはまたちょっと違った楽しさがありそうで、ワクワクしています。

 

あえてカゴはつけませんでした。リュックを背負って買い物にいったほうがいいかなーと思って。

 

ただ困ったのは、行きたい建物やお店の近くに駐輪場をなかなか見つけられなかったこと。

とくに横浜駅近辺でお茶をしようかと思っていただけに、がっくり。

 

それで、「象の鼻パーク」まで戻ってたまたま見つけたお店でブドウジュースと焼きたてのフランスパンをオリーブオイルでいただきました。600円。

 

@Lotus baguette 横浜ロータス
@Lotus baguette 横浜ロータス

そして今日のご褒美かな?真正面にみなとみらいが見えました。

少しずつ、横浜の街がわかってきました。港町、いいね。

 

 

2011.09.13 夕暮れ

向かい側の歩道から
向かい側の歩道から

2011.08.30 海にむかって散歩

この日は用事を済ませたあと、海にむかって散歩してきました。

とても天気がよい日で、帰ったらすっかり日焼けしていてびっくり。

空と海の青さにうっとり。

黄色い自転車と青い空と海
黄色い自転車と青い空と海
横浜赤レンガ倉庫
横浜赤レンガ倉庫
万代橋をのぞんで
万代橋をのぞんで

2011.08.06 夏祭り

barと美術画廊のある下町。花屋さん、お肉屋さん、八百屋などの小売店があって結構気に入ってます。
barと美術画廊のある下町。花屋さん、お肉屋さん、八百屋などの小売店があって結構気に入ってます。

普段は人通りの少ないこの町も、この日は夕方から大勢の人で賑わっていました。

夏祭りです。

 

昨年から商店街の通りの一部を歩行者天国として、夏祭りをしているそうです。

今年から3日間開催されることになりました。

この日は2日目。19時頃外にでてみると、飲めや歌えや踊れやの大騒ぎ。

「東京音頭」「BON-DANCE/よこはまアラメヤ音頭」「きよしのズンドコ節」

最初は歩道で見よう見まねで踊っていたら、「輪に入ったほうがおもしろいよー」と言われて、「いーやー!!」とか大笑いしながら、踊ってきましたよ。

これはね、踊ったほうがいいですwww 運動不足解消になるし、すっごく楽しかった。

最初ロボコップのような踊りがあって「こりゃ肩こりに効く〜」と思ったら、手信号で「ヨコハマ」でした(苦笑)

 

調べてみたら歌い手さんが白井貴子さん、松本梨香さんなど。へぇー。

急にサックス、ギター、コーラスなどが入って「???」の割には、それなりにまとまってます。

最後に「いいじゃん!」て終わるので聞いてみたら「ヨコハマってじゃんって言うんよ」と教えてもらい、納得。

 

8月の終わりに3回目があるからまた行こうかな〜。行くんだろうな・・・ビール呑みに。

お天気に恵まれますように。

 

2011.07.22 辰花塾

近所の花屋さん「辰花Tatsubana」でのフラワーアレンジメント教室に行ってきました。

7月のレッスンテーマは「キラキラ☆ゼリーで夏のジュレ・アレンジメント」

 

目指すはこちら

材料は、ヒマワリ、バラ、ヒペリカム。

緑はミスカンサス、テーブルヤシ、アイビーでした。

黄色の植物保水ゼリーを使って涼しく仕上げます。

 

バラの品種はサマータイム。

思わず「さま〜た〜いむ〜 ほにゃららほにゃらーらー」と心の中で歌ってしまいました。

こぶりなヒマワリ。赤い実の植物がヒベリカムです。

 

かっこよく見せるためのポイント

・花の高さに変化をつけること。(例えばヒマワリをヒペリカムより高くする)

・ヒマワリはクルクル回るので、最後に生けたほうがいい。

・観葉植物は器の半分くらいまでさせば止まる。

・ゼリーを使うとき、水は器に対して3分の1入れる。

 

この日の生徒は私ひとりだったので、先生独り占め。

花についてはもちろん、先生の好きな絵や美術館やBGMについて話を伺いながら生けました。

で、私の作品はこちら。

なんだかもさっとしていますよね。左側が重たい。

そこで、先生がなおしてくれました。

それが、こちら。

左側のヒペリカムの一部、半分くらいでしょうか、右側奥に移動しました。

ヒペリカムの赤い実がはっきりわかりますね。ヒマワリやバラの黄色が一層映えてみえます。

そして、ヒマワリの顔の向きを正面や上側に変えてます。

バラや観葉植物は大きく変えていません。すごいな〜先生。

 

片付けつつ、お茶の準備をしてくれてたら、同じ町内に花屋さんがあるのもあって、たまたま「何年生まれ?」という話題になりました。

「あなた、何歳ですか?」

するとすると、びっくり!!!先生と私は同級生で、同じ中学でした。

中学の卒業式や同級生の話でその後盛り上がったのは言うまでもありません。

 

美味しい紅茶をいただいたあと、「また来ます!」と言ってお店を後にしました。

お店の周りは緑でいっぱい
お店の周りは緑でいっぱい

2011.07.17 ケーキ教室

ケーキ教室に行ってきました。

メンバーの日程がなかなか合わず、約1年やむを得ず休会していました。

ケーキを作り終えて、先生が事前に作ってくださったケーキをいただいていたとき、

「このメンバーで一番最初に教室を開いたのはいつでしたっけ・・・」

「えーと、確実に覚えているのは、マーくんとハンカチ王子が甲子園で投げ合ったのを見届けて帰ったこと」

「・・・ってことは、少なくとも6年は続いているっていうこと!?」

「え〜!!!1日1日は長いのに、6年なんてあっという間ですね」

「○○さんが、『あの子どした〜ん、ハンカチだして汗拭いてから〜』って言いよったよね」

なんて話をして盛り上がりました。

 

もちろん、先生のケーキをいただく前に、一人1つずつホールケーキを作りました。

今日はガトーショコラコンフィチュール。

道具の扱い方すら分からずもたもたしていたのに、今日は皆手慣れたもの。

お互いの様子を見ながら、バターを溶かしたり、メレンゲを作ったり、洗い物をしたり、おしゃべりしながらも段取り良く作りました。

ニンジンとクリームチーズのケーキ
ニンジンとクリームチーズのケーキ
ミルフィーユ
ミルフィーユ
いいアングル♪ バナナやキウイ、グレープフルーツがいっぱい
いいアングル♪ バナナやキウイ、グレープフルーツがいっぱい

2011.06.25 Asahikawa-Sapporo

お目当ての旭川ラーメンを食べたあとは、北海道立旭川美術館に行きました。

北欧のインテリアやデザインについては全く知らないし、持っているのは時計だけなんですけど。

シンプルで長く使えるところにひかれています。

雑誌でしか知ることのできないイスに直に座ったり、どこかのCDショップにもあるイスが展示されているのを見つけたり、某ピアニストのジャケットのイスを見つけたりしました。

あと、おもちゃや食器、花器などをじーっと見入りました。

 

でも、残念なことに、展覧会の図録はすでに売り切れ、入手できませんでした(泪)

せめてチラシだけでも・・・と思って受付に尋ねると、「展覧会が始まって間もなく在庫がなくなったのです。申し訳ありません。」とのこと。

えーーーーー!!!!! とっても遠い旭川なのに、たくさんの人がくるほど人気があるんだ。嬉しいやら、悲しいやら。(その後、札幌に戻る前にJR旭川駅前の観光案内所でチラシを発見)

 

美術館もよかったんですが、美術館よりも何よりも公園がすばらしかった。

「北海道は緯度が高いから日焼けに気をつけてね」というアドバイスも忘れて、太陽の光降り注ぐもとをのんびり散歩しました。常磐公園です。

 

 

 

 

そもそも、美術館についた途端に目に入ったのが、

この彫刻でした。三木俊治作「行列」

 

 

 

 

横からのぞいてみました。

もし私がガリバーほど体が大きかったら、

人差し指で“おきあがりこぼし”して遊ぶのにな。

 

この彫刻をゆっくり眺めて、美術館の展覧会を楽しんだあと、

1時間程かけて、ぐるーっと公園を歩きました。

緑をみたり、青空を眺めたり、大木に腕をまわしてみたり。

公園の階段を上って広い川と河川敷と橋が見えたので、後で調べたら石狩川でした。

 

大きな池の千鳥が池ではかわいらしい女の子が鯉にエサをあげたり、家族連れがアイスクリームを食べていたり、お年寄りがベンチに座ってのんびり池を眺めていたり、お父さんと子供がボートを楽しそうに漕いでいたり・・・。

 

旭川駅からタクシーで数分のところに、こんなにも広い敷地に水と緑と花があって、憩いの場となっている。なんてステキなんだろう。

 

 

広島の街中にもこんな公園があったらいいのにな。

河川敷の整備は随分とされてきて、オープンカフェやレストランなども増えてはいるけれど、ついつい人を沢山呼び込 むような商業施設を誘致して賑わいを生み出そうとする傾向にあるのが広島の街づくり。

人を呼び込んで消費してもらうことで街が活性化するのも重要。

しかしそのような街づくりは過去のものとなりつつ思うのは、安直すぎるでしょうか。

 

 

 

 

公園をぐるっと一周して、

再びスーパーカムイに乗車。

歩き疲れてぐっすり眠ってしまいました。

 

 

 

そして、再び札幌へ。

この日の夕日は美しかった。

どこまで続いているんだろうかと、

光のその先をたどりたいほど。

 

この後は深夜まで結婚披露パーティーで、賑やかな夜でした。おしまい。

 

2011.06.25 Asahikawa

結婚披露パーティーの前に、旭川に行ってきました。

旭川ラーメンを食べて、北海道立旭川美術館であった「北欧の美しい暮らし」展を観るためです。

旭川駅ホームにて
旭川駅ホームにて

 

 

 

JR札幌駅から特急スーパーカムイに乗って、

旭川に向かいました。

旭川駅に着いてびっくり。

カムイの顔はけっこうイケメン!?

そして、旭川駅がとてもおしゃれだったのです。

 

 

木に刻まれた名前をみて、じーんときました。

自分達の街の駅を大切にしようという気持ち。

旭川駅に名前を刻むプロジェクト」 

 

駅舎を出て少し歩きました。

上をみると、変わった鉄筋コンクリート。

こんな形みたことない。

なんだろう、これ・・・。

 

 

 

 

鉄筋コンクリートから離れてわかりました。

線路の下にいたんですね。

右側にほんの少し駅の屋根がみえます。

 

まずは、旭川ラーメンを食べに向かいました。

もうこの頃はお昼を過ぎていたからお腹ぺこぺこ。

札幌在住のFさんから教わった「天金」に向かって、てくてくと歩きます。

 

 

 

 

駅を新築したり、街に新しいビルが建ったりするなか、

古い建物が多く見られました。

歩きながら思ったのが、あんまり人がいない。

どこにいるんだろう・・・。

 

 

 

ようやく見つけました!「らーめんや天金 四条

お店の入り口では7、8人が待っていました。

店員さんはお客さんが待っているからといって自分のペースを崩さず、

かといって様子を見ながら黙々と注文を受け、ラーメンを作り、働いていました。

 

 

 

 

注文して10数分待ちました。

周りの人たちがおいしそうに食べている様子を

コショーと七味の隙間からじーっと見ながら(苦笑)

 

 

きました〜正油野菜ラーメン(840円)。

ネギがたくさん。炒めた野菜がたーくさん。

美味しいご飯を食べたら「美味しい」っていうことで精一杯。

「美味しいね」ってちょこちょこっと話して、しみじみと食べました。

これが旭川ラーメンか、って。

 

このあと、タクシーに乗って、旭川美術館に向かいました。(つづく)

 

 

2011.06.24 Sapporo

先週末北海道に行ってきました。

音楽友達(といいますか、むしろ大大大先輩の)結婚披露パーティーに参加するためです。

高校の修学旅行以来の北海道でした。

 

パーティーの前には、札幌の友達が新千歳空港まで車で迎えにきてくださり、その後ドライブを楽しみながら、おしゃべりしながら札幌市内まで行きました。

 

「シコツコにお連れしまーす」

「シコツコ???」

 

支笏湖でした。日本でも、いや調べてみると世界でも透明度の高い湖のひとつ。淡水です。

あいにくの曇天でしたが、それもまたよかったなあ。

雲と山ぎわの隙間から差し込む光が水面を照らす様子。神々しく感じました。

支笏湖
支笏湖

支笏湖をぼーっと眺めたあと、車中でぺちゃくちゃおしゃべりをしながら札幌市内へと向かいます。

途中、「ジェラート札幌 花梨樹」でジェラートを食べて休憩。

そして、向かったのは「大倉山ジャンプ競技場」。

「葛西のベッケンレコードを観にいきましょう!」との声に「いきまーす」とひときわ元気な声で返事をしました。

 

ジャンプ台の頂上にある展望台まで行ってきましたよ。

リフトを使って。

大倉山ジャンプ競技場
大倉山ジャンプ競技場

 

 

 

ジャンプ台を下から眺めました。

この頃には、随分晴れ間が見えてきました。

ちょっぴり、いや随分と肌寒かった。

薄手のカーディガンを羽織っていましたが、

少しブルブル震えていたかも。

夕方5時半頃のことです。

展望台から札幌市内
展望台から札幌市内

 

 

展望台から札幌市内を望みます。

支笏湖では曇り空だったのが、

ここジャンプ競技場では青空!

地理の時間で習ったとおり、

札幌市内は碁盤の目のような街であることがわかります。

緑の多い街ですね。

広島と比べると山が遠い札幌
広島と比べると山が遠い札幌

 

 

 

せっかくなので、青空をメインに。

6月なのに、何となく秋空のよう。

この空をつきぬけると、宇宙。

ちょっとダリの絵っぽい?
ちょっとダリの絵っぽい?

 

 

 

 

市内全景を眺めたあと、

背にあった競技場の説明の看板を写したら、

たまたま窓ガラスに向かい側の景色が。

まさにスタート地点
まさにスタート地点

 

 

 

 

 

 

 

 

展望台を少し降りて、

スタート地点を案内してもらいました。

「よくこんなところ滑ってよう飛ぶわ〜」

寒いと思ったら!
寒いと思ったら!

 

一通り見学し終わったころは、もう6時すぎ。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。

 

いや〜それにしてもこの日はほんと寒かった。

リフトの横にあった温度計をみると13℃。

6月の北海道が人気あるのがわかりますね。

薬味は山わさび
薬味は山わさび

 

そして、大倉山ジャンプ競技場の後は、

ホテルに立ち寄り、夕食へ。

パーティー本番は次の日でした。

この日は前祝い。

北海道の海の幸をたんまりいただきました。

大ご馳走。

おいしいものばかりでしたが、

はじめて食べたのが鯨ベーコン。

私の親世代はよく食べてたと聞きました。

薬味は山わさび。ホースラビッシュです。

山わさびも初めて知りました。

お酒、日本酒に合うそうです。

この後、二次会に参加し、帰ってぐーすか寝たのは言うまでもありません。

いや〜、北海道はええわ〜。(つづく)

2011.06.18 mensa Vecchia (メンサ ヴェッキア)

イタリア料理を食べてきました。

広島市中区西十日市にある mensa Vecchia (メンサ ヴェッキア)です。

友人と食事する約束をしたのはいいけれど、どこのお店にいこうか悩んでいたら、「あ、あそこがあるじゃん」と思い出して、行ってみました。誰かが「あそこ、結構おいしかったよ」って言ってたことも後押ししてくれました。

 

ふたり、ノンアルコールカクテルを1杯ずつ。料理は1品ずつ頼んで二人で分けました。

これで8,000円弱。お酒好きの方にはちょっと高いかもしれないな〜。

 

お店のスタッフが料理を一度に頼んだほうが待ち時間が少なくてよいこと、食器のメーカー、香草の名前など質問をしたら丁寧に説明してくださいました。

ちょうどよい距離感に、好印象です。

 

また、客層は比較的落ち着いてまして、ご婦人、ご夫婦、グループが多かったです。

20代の方は少なかったようにみえました。(たまたまでしょうね)

ゆっくり落ち着いて語り合いながら食事をするにはいいお店です。

 

テラス席があります。

これからの季節、ちょっと汗ばむかもしれませんが、凪の時間が過ぎて風がそよそよ吹き始めたころにテラス席でいただくのもいいですね。

 

ところで、「mensa Vecchia」ってどういう意味なんだろう?

2011.05.09 ヨガマット

とうとう、ヨガマットを買うまでヨガにはまりました。

 

広島市中区のshanti yoga(シャンティヨガ)に、この春先から通い始めました。

60分のリラックスヨガコースが好きです。平日1〜2回参加。

肩こり・頭痛が少し楽になり、夜もぐっすり眠れるようになりました。

熟睡できて、目覚めすっきり。

 

マットはsuria

レッスン日には、通勤電車に迷惑かなと思いつつ持参しています。

以前はスポーツジムのホットヨガでしたが、今は普通のスタジオでレッスン。

普通のスタジオのほうが、私には合っているようです。

ホットヨガとはまたひと味違う細かい体の伸縮を実感できるから。

レッスン通いのおかげで、うちヨガもポイントを押さえてよりしやすくなりました。

 


2011.03.27 辰花塾

今日は、午前中に辰花塾に行ってきました。

辰花塾・・・それは、近所のお花屋さん「辰花」さんのお花の楽しみ方教室。

私のとっては初めてのレッスンでしたが、ご一緒した生徒さんがとてもフランクで穏やかで、緊張することなく、おしゃべりしながら楽しむことができました。

 

本日のテーマは、「花束を花器に生けるコツ」。

花束をいただいて、「うーん、どう生ければいいんだろう?えーい、形を崩さないように気をつけて、そのまま突っ込んじゃえ!」と突っ込み、母から「もうちょっと、考えてみようよ」と言われたことが何回もあります。辰花さんから案内がきて、「よーし、これは行ってみよう!」と即申し込み。

 

辰花さんが準備してくださった花器を使って、生けていきました。

ブルーミルフィーユという大きなバラを2本贅沢に使います。

 

途中、使いやすい花器の選び方、花器に対してどれくらいの高さに切ればいいのか、色の合わせ方−ナチュラル・カラー−、花束の作り方、葉っぱやバラの刺の取り方など。あるものを使っていただいた花束を上手に生けて、生活を彩る。また、自分が花を選ぶときの「センス」って何だろう、ということを店内の花や道具を使いながらさくさくって教えてくださりました。メインのお花に対して、脇役、引き立て役のお花を色やボリュームを考えながら組み合わせていく。なんだか、料理のようですね。

葉っぱがひとつ違うだけで、表情がぐっと変わります。
葉っぱがひとつ違うだけで、表情がぐっと変わります。

今日はブルーミルフィーユ、トルコギキョウ、アルストロメリアなどを使いました。

一緒の生徒さんとは、花は一緒だけど、葉っぱ(名前を忘れてしまった・・・)が違います。私のは小さい葉っぱを使って流れるように、ご一緒した方が使った葉っぱははっきりしたピンクがかっていたので、ビビッドな、キュッてしまったかっこいい感じ。

 

店主さんは現代美術が大好き。さらに、生け花を勉強されているだけあって、とても説得力がありました。古今東西。アンテナを高く、コツコツと積み上げていく姿勢。だから、難しいことを簡単にわかりやすく説明できるんですね。実力があるからなせる技。

最近たるんでる私の背中を優しく押してもらったような、そんなひとときでした。明日への活力、無事注入。コツコツ積み重ねていって、いつか花開き、実を結ぶのですね。

2011.03.18 sardine

ヨガの帰りに、ちょっと気になるお店に立ち寄りました。

中区袋町のちょっと古くて茶色のビルの2階にある、洋服屋さん。

向かいのヨガ教室の大きな窓から、ストライプのカットソーらしき服や布製のバッグが見えていたんです。おそるおそる2階に上がってみました。

 

すると、どうでしょう!わ〜、なんか入った途端居心地がいい。

あったかく感じました。

ストライプ柄の洋服は、カットソーではなく、ワンピースやコートでした。

店員さんは男性と女性。

「こんにちは〜」ってお店に入ったら、「はっ」と気づいて、「いらっしゃいませ」とひと言。

店内をぐるーっとまわって商品をみました。

温かくて、上品な空気を感じました。ひとつひとつの洋服が愛おしくなりました。

 

そこで、試着しているうちに、女性の店員さんとおしゃべり。

「かわいいエコバッグに目がいっちゃったの」とおっしゃるから嬉しくて。

だって、ノルウェー大使館のエコバッグを持ってたんだもん。

ステッチ柄がいい、っておっしゃるから私も嬉しくて嬉しくて、長居してしまいました。(8時閉店のところ、9時過ぎまで)

 

この日、ダルメシアン柄のシャツと黒のワンピースを買いました。

シャツの着心地は最高。なんたって、イタリア製の生地。

でも、ネットにいれて洗濯機でガラガラ洗える優れもの。

 

反対側の様子をご案内しますね。

男性の皆さん。ご安心ください。紳士物もありますよ。向って右側の青や白のシャツ。

婦人物もあるから、お揃いできますね。

 

布製のエコバッグ、というよりコットンバッグはイギリスから。

バッグにバッグの柄を書いている。かわいい。

柄や色、デザイン(取っ手にまで柄が入っています)が進化しているんですよ、と奥様。

で、ワタクシ、買っちゃいました。エコバッグ「も」。

まるでイカ釣り漁船(ご主人談)のようなランプがあるお店。

壁には色合いがいいからという理由で、大きな南アメリカ大陸の地図と、コートのパターンが飾ってありました。

 

「お客様に自分たちが作った商品を自分たちでお渡しできたら・・・」

「ファッションでお客様の『オリジナル・サウンドトラック』のお手伝いができれば。お客様が洋服を大切に着てくれるだけで、とても嬉しい・・・」

 

こんな素敵な洋服屋さんが広島にあったんですね。

感じたことをそのまま伝えました。「なんか、ワンピースやコートをみると、オードリー・ヘップバーンを思い浮かべます。」

すると、「シャネルや、サン・ローランに憧れた世代。シャネルにはなれないと分かってはいるけれど、ずっと憧れていたんですよ」って。

 

だからかなあ、年代問わず、20代のお嬢さんから母の世代まで着られるデザインなんだ。そして、可愛らしさと上品な雰囲気が同居している。

 

エールを送りたくなったお店に、またまた出会いました。

広島ってなんだか本当にいい街。知らないところがいっぱい。

 

東京でずっとアパレル関係の会社にお勤めになっていたご夫婦が、地元に広島に帰って、自分たちの好きな洋服を作り、着てもらえたら・・・そんな思いで2年前にオープンしました。お店の名前は「sardine」。小イワシです♪

お店の名前を何にするって奥様がご主人に尋ねたとき、「そりゃ、小イワシでしょ。広島じゃけん」という理由で。なんてユニーク。

デザイン・仕入れから販売まで手がけています。

向って右側のダルメシアン、いただきました☆
向って右側のダルメシアン、いただきました☆

2011.02 母の誕生日

母の誕生日のプレゼントに、近所の辰花Tatsubanaさんに桃を使ったアレンジメントをお願いしました。

辰花さんはうちの町でいちばんかっこいい花屋さん。

「白い陶器の花器にモモ、ダリア、ラナンキュラス、アルストロメリア、ミモザ、バラなどを使用して春らしく製作致しました。」と配達メールが届きました。

花の名前を覚えるのにも助かります。


母はたいそう喜び、まあるい笑顔をみせてくれました。

そんな母をみて父も嬉しそうで、私もほっこりした気分になりました。

(いや、きっと彼は私と同じで、花より団子。ケーキが楽しみだったに違いない!!)

玄関に飾って、お客様にも一緒に楽しんでいただきましょう♪

2011.02 カフェラテ色のブックカバー@エクセルシオール

音楽友達が手触りのよいブックカバーを持っていたので、「私もほしい!」って言ったら、わざわざ買ってきてくれました(汗

ほどほどに柔らかくて使いやすい一品。

文庫用のほかに新書用のブックカバーを今度は自分で購入。840円(税込)でした。

在庫が少なくって、カーキかブラックかベージュ程度で、ベージュを選択。

仕事帰りのティータイムで「地味よねえ」と話しながら見せてみると、「カフェラテの色じゃん」と素敵な褒め言葉をいただきました。やったー!

さあ、何を読もうかしら。本棚のぞいてきまーす。

文庫用のブックカバー。友人からいただきました。
文庫用のブックカバー。友人からいただきました。
新書用。こちらは自分で購入。そごう広島店新館8階のLoftにて。
新書用。こちらは自分で購入。そごう広島店新館8階のLoftにて。

my favorite florist

私の大好きな花屋さん"辰花"さん。

ユリ、バラ、カーネーション、スイトピー、ヒペリカム。春っぽく明るい感じで。

 

八重咲きのヒマワリ、バラ、アジサイ、アンスリウム

開くとオレンジ色のバラ「ヘリオスロマンチカ」をメ インに赤いガーベラやスカビオサアンスリウム、ランのアランセラ、 葉物はユーカリ&ドラセナ