2012年

10月

23日

24th Country Gold

10月21日、熊本の南阿蘇であったカントリーミュージックのお祭り"カントリーゴールド"に行ってきました。2006年以来2回目です。天気にも恵まれ、心があらわれるようでした。今年で24回目の開催です。

 

カントリーゴールドのすばらしいところは、阿蘇の外輪山に囲まれた大自然のもとで、思い思いに、自由に本場のカントリー音楽を楽しめることです。バーベキューする人、犬を連れて散歩する人、ステージ前でカントリーダンスを踊る人、双眼鏡を片手に1日ステージを楽しむ人、あまりの気持ち良さに音楽そっちのけで爆睡する人(←ワタシ)。今年は愛犬連れ(小さな室内犬から大型犬まで)をよく見かけました。青空の下、芝生のうえで食べるイカ焼きとたこ焼きのまあおいしかったこと!

会場内を駆け回るチャーリー永谷さん みんなに笑顔でご挨拶
会場内を駆け回るチャーリー永谷さん みんなに笑顔でご挨拶

さて、今回のゲストの中で一番気にいったのは、1963年アラバマ州生まれのデール・ワトソン Dale Watsonです。

デール・ワトソンは「1940年代に、テキサスの街道筋にあった安酒場やレストランから誕生した(パンフレット解説から引用)」"ホンキー・トンク"というジャンルのカントリーを歌います。

デール・ワトソン Dale Watson
デール・ワトソン Dale Watson

 

彼のステージが始まった途端、それまでレジャーシートの上でぐーすかぴーと寝ていたのが嘘のように、「なにこれ!かっこいい〜!」と起き上がり、聞き入ってしまいました。歌もバンドも「Oh! yeah!」という雄叫びも、何もかもいい。一緒に行ったオットとカントリー好きの友人と一緒に「やっぱり本物は違うよね、上手いよね」とうなりました。

 

といっても真剣に曲を聞いたのはほんの10分ほど。その後は彼の歌をバックにすすきの原のほうにいって秋を感じたり、馬上体験で働きづめの馬3頭が任務終了後エサを食べているのを眺めたり、会場をのんびり歩きました。デールにサインをしてもらおうとCD売り場に行ったものの、残念ながら売り切れ。


 

デールはおそらく30〜40分だったか、短い時間をほとんどMCなしでひたすら歌い続けました。彼の歌を聞くと、お腹の下あたりからぐーっとわきあがる熱いものを感じます。だから余計なおしゃべりはいりません。曲紹介もなく、ときどき「イェーイ!」という雄叫びが会場を響かせるだけ。彼の声がやまびことなって、アスペクタのある南阿蘇村全体に届いていたかもしれません。

 

その後、ジョジェット・ジョーンズ Geergette Jones、リック・トレビノ Rick Trevino、出場バンド全員と観客が揃って《You are my Sunshine》を歌ってコンサートは終了しました。

ファイナルは全員で《You are my Sunsine》
ファイナルは全員で《You are my Sunsine》

前回来た時は、最初から最後までアメリカからのバンドが登場しました。これからメジャーデビューするという若い歌手やバンドから大御所のチャーリー・ダニエルスまで。ジャンルもホンキー・トンクをはじめ、ブルーグラス、カントリー・ガールズポップスと幅広くアメリカのカントリー音楽の今を感じられるイベントでした。しかも、1バンドの演奏時間が1時間以上。自分たちのバンドやエンジニアを引き連れてきますから、バンド毎の音楽を楽しめたのです。

 

しかしながら、今回は「カントリー・ゴールド・バンド」というひとつのバンドが、アメリカ側のアーティストをすべて演奏しました。これは少し残念でした。バンドごとで音楽が変わるから、ぜひ彼ら自身のバンドで本場の音楽を体感したかった。

 

主催者のチャーリー永谷さんが前日ご自身のライブハウスで国内経済の低迷の中イベントを20数年間続けてきたことの意義と苦労を述べられていました。それでもやはり、本場のカントリーを日本で、しかもモンタナ州の雰囲気と似ているという南阿蘇で楽しみたい。日が沈んで震えるほど寒くなった暗闇の18時過ぎに終了するのではなく、夕焼けの美しい頃に「来年また会いましょう」と笑顔で手をふりながら会場を後にしたいと思った今回のイベントでした。

 

また来年会おうね!
また来年会おうね!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    katsu (土曜日, 27 10月 2012 00:58)

    本当に素晴らしい♪International Country Music Festival♪だったよね!音楽とのふれあい、自然とのふれあい、仲間とのふれあい・・・これらを同時に体感できる所は、やはり熊本阿蘇のアスぺクタ以外には世界中、どこを探してもないと思う。いつまでも♪約束の日♪を大切にしたいね。
    24年間も続けてきたこのイベント、いろんな問題が出てくるかもしれないけれど、これからもずっとみんなでチャーリーさんをサポートしていきたいな!

  • #2

    akkey (土曜日, 27 10月 2012 14:50)

    >katsuさん
    katsuさん、コメントをありがとうございます。そして、一緒にカントリーゴールドと熊本の旅を楽しめて、本当によかったです。katsuさんが熊本のチャーリーさんのライブハウスやアスペクタで年1回会う仲間と握手をする姿に心揺すぶられていました。私も数年お会いしていなかった岩国の大先輩に会って握手できたとき、言葉にならないような感動を覚えました。全国のカントリーファンが一同に、10月第3日曜日に会う約束の日。こんごもぜひ続けてほしいし、私も応援していきたいです。横浜に戻って友人と話していたら、「私の友人も熊本にいってたことをFacebookに書いてたよ」ときき小躍りしてしまいました♪

my favorite florist

私の大好きな花屋さん"辰花"さん。

ユリ、バラ、カーネーション、スイトピー、ヒペリカム。春っぽく明るい感じで。

 

八重咲きのヒマワリ、バラ、アジサイ、アンスリウム

開くとオレンジ色のバラ「ヘリオスロマンチカ」をメ インに赤いガーベラやスカビオサアンスリウム、ランのアランセラ、 葉物はユーカリ&ドラセナ