FRIFOT - FLYT

横浜に引っ越して4日目。

昨夜は震度4の地震がありました。

今日のお昼頃にも揺れたような・・・。

わが家は7階。ゆーらゆらして、くらくらします。

昨日広島から、ピアノ以外の荷物が届きました。

荷物の整理をしなきゃいけないなーと思いながらも、山積みされたダンボール箱をみると、頭痛い。

ちょっとずつ片付けることにします。暑いしね。

(幸い、風通しがよく、最近30℃を越すことがないようで、窓を網戸にして涼んでいます。)

 

4日前に家の鍵を開けて玄関に入り、とことこ廊下を歩いたら、なんと正面にお花がありました!

「まあ!なんて優しいオット(いやいや、ただの演出好きなだけ!?)」

「いらっしゃい!ようこそ横浜へ」とか何とか書かれたカードが会ってちょっぴり感動。

久しぶりの羽田空港から横浜駅までバスで行って、電車で最寄り駅までひとりとぼとぼ歩いてきたので、分かっていたもののちょっぴり淋しかった。

でも、移動中の間、前の会社の同僚や他お友達からメッセージが届いていたので、淋しさを紛らわすことができました。

「わーきれいな花。ヒマワリにトルコキキョウ。緑がいっぱい」

お水を入れ替えてざくざくっと生け直しました。

 

数時間後、仕事からオットが帰ってきたので、「お花をありがとう」とお礼をいい、「お水をかえてあげよう!きっと花も暑いから氷水にしてあげよう!」と今となっては訳わかんないことを考えました。そのときは「私って気が利く〜♪」とウヒョウヒョしていたら、「氷いれたら結露して、地震用で倒れないように貼付けた粘着ゴムが外れるんじゃなーぃ」と小さな声で言ったのを「ダイジョーブに決まっとるじゃんか!!」言い切って氷水に生けて数分後、「ガッシャーン!」

 

あーあ。言われたとおり、見事に横に倒れて、ぞうきんで拭く羽目に。

気が利いてて間がぬけているとよく言われましたが、変わらず。

親の言葉を借りれば、いつまで経っても中学2年生のまま、だそうです。

 

その後、ふたりでやーやーいいながらオットが掃除して、私が普通にお水を入れて生け直し、オットがいれてくれたアイスコーヒーを飲み、平和が戻りました。

「ごめんねー水浸しにして」
「ごめんねー水浸しにして」
アイスコーヒー飲みながら落ち着くの巻
アイスコーヒー飲みながら落ち着くの巻

そのときに聞いていたのが、FRIFOTの『FLYT』というアルバムです。

ボートが浮かんでいますね。このジャケットで、いい音楽が聴こえてきそうな感じがしました。

北欧の民俗音楽をモチーフとした音楽が20曲も収録されています。

 

FRIFOTはスウェーデンの民俗音楽のバンド。メンバーも変わらず結成20周年を記念して2007年に発売された作品です。

タイトルの「FLYT」は英語の「FLOW」。元々は 流れるという意味ですが、流れるように過ぎて行く・動いていく・・・といったところでしょうか。(←間違えていたらぜひご指摘ください)

 

フィドルにヴィオラ、ギター、フルート、ボーカル、cow horn(牛のホーン?)などなどたくさんの楽器が使われている割には、疲れません。とてもシンプルです。ほのぼのというより、すっきり。

 

曲や詩の題材がまた素晴らしいんです。

例えば、19曲目の《STAV/SLIT-OCH SLANGPOLSKA(Words of Wisdom / Disposable Polska》はイギリスのシェイクスピアの戯曲『ヘンリー四世』のセリフにメロディーをのせたとありました。

 

民俗音楽は流行りの歌に押されても、やはり懐かしく、新鮮に感じるんでしょう。

北欧の音楽(とくに民俗音楽)は、「よかったら私たちの音楽を聞いてもらいたいんだけど、いーい?」と優しく近づいてきて、無理強いしないところがいいなあと思います。

 

新しいところにきて初めて落ち着いて聞いたCDが『FLYT』で本当によかった。

辞書をひきひき慣れない英語の解説を読みながら、じっくり味わいたいと思います。

午後のコーヒータイムにおすすめです。

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    夢乃 (水曜日, 03 8月 2011 01:18)

    まったく、のっけからラブラブなんだから(。-_-。)ポッ
    慣れない地での生活も優しい旦那様と一緒なら大丈夫だねd( ̄  ̄)
    横浜は街もお洒落だし、遊ぶところはたくさんあるしいつまで経っても飽きない街だからしばらくはオノボリサン状態でいろいろ楽しんでね。
    なれた頃に遊びに行くのでガイドよろしく ( ̄m ̄*)

  • #2

    akkey (水曜日, 03 8月 2011 13:49)

    >夢乃ちゃーん
    ごめーんラブラブそうに見えた?実はラブいんようふ♡
    というのは冗談ですが、オットはよく気づいて部屋を片付けたり仕事から疲れて帰っても率先して食器を洗ったりします。これは休みを合わせて料理教室にいかんとね!
    1日数時間は用事をかねて外をブラブラしてます。おしゃれなところがいっぱい。そして、ちょっぴりいかがわしいところも!?みなとみらい方面はたくさんの人であふれかえっているので、大抵は下町をぶーらぶらしています。まずは地元から攻めようかとwww
    なれた頃にはuno強くなってるはずなので、大歓迎よ!ぜひぜひいらっしゃーい♪

  • #3

    naka (土曜日, 06 8月 2011 10:39)

    akkeyさんがいなくなって、なんだか職場が静かになりました。
    (あ゛あ゛~!!ごめーん!という声が聞けなくなったので(爆))
    日記を読みながら、離れた地でも、あの明るい声が響いてるのか~と思うとほっと?しました(笑)
    優しい旦那さまと幸せにね!
    いつかラーメン博物館か中華街に行く時には連絡します(笑)

  • #4

    HAL (日曜日, 07 8月 2011 17:58)

    こんにちは。

    新しい土地で結婚生活を始められると、何から何まで新しく、同時に戸惑う事も多々あると想像しますが、お幸せそうで何よりです。早く生活のペースを掴まれ、横浜ならではの良さ、面白さも知って下さい。近くに港があるって、素敵じゃないですか?

    ところで、オット殿の事を「うちのダンナ」とは言わないんですね?w

  • #5

    akkey (月曜日, 08 8月 2011 12:17)

    >nakaさん
    お久しぶりでございます〜。静かになったんですか?平和になったでしょう職場。
    「あーどうしょうかー」ぼそっと言えばいいのに、大きな声で言ってたんですね。
    オットは私が動くたびになんでかわかんないけど、笑い転げています。動きや反応がおかしいって。
    ラーメン博物館は新横浜駅から歩いて5分。っていうことは新幹線ですね♪
    三つ指ついてお待ち申し上げておりまする〜。

  • #6

    akkey (月曜日, 08 8月 2011 12:26)

    >HALさん
    はい!幸せです!←って突っ込みいれられそう(大汗)
    やっと1週間が過ぎました。
    港町っていいですね。日曜日に「ぼーっ」っと汽笛の音が聞こえました。
    仕事に行っていないので、生活のリズムを作るのがなかなか難しい。とりあえず、自分で1日の大体のやることをリストアップして、70%できたら合格点としています。今までどれだけ両親に甘えていたか、痛感しています。知らない土地にきたものの、関東、広島在住の友人、知人、家族が常に声をかけてくれるのがありがたいなー。
    9月に入ったら、ちょっとずつ音楽を聞いたり、本を読んだりできればいいな。

    「うちのダンナ」もいいんですけどねw
    うちのオットは体格がオットセイに似ているので、略してオットです。(オットからも公認を得ました♪)

  • #7

    hideko (木曜日, 18 8月 2011 07:35)

    ご無沙汰です。久々にブログを拝見したら”ご結婚”という嬉しいニュース♪おめでとうございます!
    私もドイツに来て、5カ月が過ぎましたよ。毎日セカセカ働いていたのでペースがつかめない専業主婦ですが、ようやく慣れてきたので何か初めてみようかと思います★

  • #8

    akkey (木曜日, 18 8月 2011 11:24)

    >hidekoさん
    ごぶさたいたしておりますー。ドイツでの新生活、慣れてきたようですね。日本はとても暑いですよ〜。毎日「今日明日が暑さのピーク」と天気予報でいっています。
    ・・・はい、実は結婚しました。そしてブログを読んでくださり、ありがとうございます。昨晩ヨコハマは花火大会で、たいそう賑やかでした。
    ドイツで何を始められるのかしら?いずれにせよ、パワフルなhidekoさん、体はくれぐれも気をつけてくださいねー。

my favorite florist

私の大好きな花屋さん"辰花"さん。

ユリ、バラ、カーネーション、スイトピー、ヒペリカム。春っぽく明るい感じで。

 

八重咲きのヒマワリ、バラ、アジサイ、アンスリウム

開くとオレンジ色のバラ「ヘリオスロマンチカ」をメ インに赤いガーベラやスカビオサアンスリウム、ランのアランセラ、 葉物はユーカリ&ドラセナ