2011年

5月

24日

オルガ・コンコヴァ - Return Journey

まるでモネの絵のようなジャケットですね。

睡蓮の池の連作「睡蓮」を思い出しました。

睡蓮の池 緑のハーモニー 1899 オルセー美術館
睡蓮の池 緑のハーモニー 1899 オルセー美術館

この2、3日、広島は雨がしとしと降りました。

そのせいか、少し肌寒い今日。足が冷えるので、靴下を履きました。

先週末は半袖でも汗だくだくだったのに、今日は長袖2枚はおっています。

 

部屋から外を眺めると、山の緑が少しずつ濃くなっている。

小学生から中学生、高校生までに成長したのかな。

庭のバラの花は咲き誇り、アジサイはぐんぐんと葉っぱが大きくなっています。

 

なんだかこんな時は、しっとりしたジャズを小さい音で静かに聴くのが好き。

何も考えず、頭を真っ白にして、心身のねじをゆるめます。

誰とも話したくなくなって、ベッドの上に寝そべって。

とりとめのないことを考えながら聴いていると、いつの間にか寝ていることも。

 

オレガ・コンコヴァ(Olga Konkova)はロシア出身のジャズピアニスト。

現在はノルウェーで活動しています。

このアルバムで弾いているピアノは、ベヒシュタインCモデル(Bechstein model C)。

 

彼女の演奏を聴いていると、どことなく流水や雲の流れ、そよ風、木漏れ日が感じられます。大きく深呼吸して、背伸びをしたくなる。

オレガの音色はとてもふわふわしてて、積みわらの上で寝そべりたくなります。

 

暑い夏を迎える前におすすめの1枚です。

 

Losen Records LOS106-2 オルガ・コンコヴァ - Return Journey

オルガ・コンコヴァ (作曲)

 Preface: Long Road In a Country, Far Away At My Request 

 My Heroes Way Back When Wither Are You Bound?

 The Collective Unconsciousness Bright & Shiny Return Journey

 Seen from the Past Divine Lost and Not Found 

   Epilogue: the Tale Has Been Told

  オルガ・コンコヴァ (ピアノ)

 [録音 2011年3月 ペッテシェン・コロニアル・サウンドスタジオ (ホネフォス、ノルウェー)]

 [制作 オルガ・コンコヴァ  録音 エスペン・アムンセン]

Olga Konkova 見つめる先はどこ?
Olga Konkova 見つめる先はどこ?

my favorite florist

私の大好きな花屋さん"辰花"さん。

ユリ、バラ、カーネーション、スイトピー、ヒペリカム。春っぽく明るい感じで。

 

八重咲きのヒマワリ、バラ、アジサイ、アンスリウム

開くとオレンジ色のバラ「ヘリオスロマンチカ」をメ インに赤いガーベラやスカビオサアンスリウム、ランのアランセラ、 葉物はユーカリ&ドラセナ